株・FX・仮想通貨の掲示板やSNSで使われる「アホールド」「アホルダー」「ガチホ」の意味や違い。

「まだその銘柄アホールドしてるの??」
アホルダーの皆さん、おつかれさまです。」
「しばらくは握力強めてガチホしようと思います!」

株式やFX、仮想通貨(暗号資産)の掲示板やSNSなどで上のように「アホールド」「アホルダー」「ガチホ」「ガチホルダー」などという言葉が利用されていることがありますね。

株式やFX、仮想通貨などの投資やトレードに関する掲示板やTwitterなどのSNSで使われることがある「アホールド」「アホルダー」「ガチホ」「ガチホルダー」とはどういう意味なのでしょうか?

こちらのページでは、株式やFX、仮想通貨(暗号資産)などの投資やトレードに関する掲示板やTwitterなどのSNSで使われることがある「アホールド」「アホルダー」「ガチホ」「ガチホルダー」という言葉の意味やそれぞれの違いなどについて記載しています。

「アホールド」「アホルダー」「ガチホ」「ガチホルダー」はいずれも俗語になります。

株式やFX、仮想通貨(暗号資産)などの分野でのホールド、ホルダーとは?

こちらのページで取り上げている「アホールド」「アホルダー」「ガチホ」「ガチホルダー」という言葉ですが、いずれも「ホールド」という言葉が関係します。

ホールド(HOLD)は「持つ、保持する」、ホルダー(HOLDER)は「保持者」の意味があります。

そして、株式やFX・仮想通貨(暗号資産)などの分野でいうところのホールドは、株式などを保有すること、ポジションを保持すること、という意味があります。

また株式やFX・仮想通貨(暗号資産)などの分野でいうところのホルダーは、株式などを保有する人、ポジションを保持する人のことを指します。

株式やFX、仮想通貨(暗号資産)などの分野で使われるアホールド、アホルダー、ガチホとは?

株式やFX、仮想通貨などの投資やトレードに関する掲示板やTwitterなどのSNSで使われることがある俗語「アホールド」「アホルダー」「ガチホ」「ガチホルダー」とは以下のような組み合わせと意味を持つ造語になります。

アホールド・・・「アホ」+「ホールド」。
アホルダー・・・「
アホ」+「ホルダー」。
ガチホ・・・「
ガチ」(「リ」)+「ールド」。
ガチホルダー・・・「
ガチ」(「リ」)+「ホルダー」。

「アホールド」(アホルダー)と「ガチホ」(ガチホルダー)は、いずれも株式や、外貨、暗号資産(仮想通貨)などやポジションを保持し続ける(人)という意味では似ていますが、比較すると以下のような違いや傾向があります。

・「アホールド」(アホルダー)・・・利益確定のタイミングを逃したり、損失を拡げるホールドで失敗色が強い。他人を揶揄する表現として使われることが多い。
・「ガチホ」(ガチホルダー)・・・利益確定や配当の獲得など成功を目標としたホールドで「アホールド」(アホルダー)に比べてポジティブ。自分自身の決意表明として使われることが多い。

言葉の組み合わせからも伝わりますね。

また同じホールド行為についての話題では「握力」という言葉もよく出てきます。

長期間や価格変動時でもホールドできることを「握力が強い」、逆に短時間や少しの価格変動で利益確定や損切りを行うことを「握力が弱い」というふうに利用されます。

「アホルダー」や「ガチホルダー」は「握力が強い」ことになりますが、アホールドやガチホという行為は大きな利益にも大きな損失にもつながりますので握力の強弱も含めて「どうした方が良い」とか「どちらが正解」などと単純に言えるものではありません。

自分のスタイルの確立や状況判断が大切です。

以上、こちらのページでは株式やFX、仮想通貨などの投資やトレードに関する掲示板やTwitterなどのSNSで使われることがある「アホールド」「アホルダー」「ガチホ」「ガチホルダー」といった言葉の意味や違いなどについて記載させていただきました。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

こちらのページで記載させていただいた俗語(スラング)などを使って、楽しく売買やトレードについて話をしたりすることもよいですが、当サイトでは投資やトレードで役立つちゃんとした?情報のページもございます。

以下は主に株式投資を想定した内容にはなっていますが、その他の投資やトレードでも利用できる内容も含まれています。

投資やトレードの基礎知識について不安がある方は1度チェックいただき、投資家・トレーダーとして基礎レベルの向上を図ってみませんか?

株式投資の初歩


スポンサーリンク